待ち焦がれた展開による勝利は、少しばかり気恥ずかしかったようだ。11月14日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」第2試合では、TEAM雷電の萩原聖人(連盟)が登板。スタートダッシュからの逃げ切りで個人2パチンコ チョロ qを決めると、試合後のインタビューで「誰がやってもトップ」と謙遜した。